2013年07月06日

「京都メディアフォーラム(Phase II)」(第7回)のご案内

「京都メディアフォーラム(Phase II)」、第7回例会のご案内です。

今回は現代の労働問題を追った作品を多く手がける映画監督の土屋トカチさんをゲストに迎えて、映画『フツーの仕事がしたい』、『ブラック企業にご用心─就活・転職の落とし穴』の上映と、監督とのトーク&ディスカッションを開催いたします。


「現代日本のハタラキ方 若者の仕事・労働・活動は今」
ゲスト:土屋トカチさん(映画監督)

・日時:2013年7月16日(火)18:30〜21:20
(映画『フツーの仕事がしたい』(2008/日本語/カラー/70分)、『ブラック企業にご用心─就活・転職の落とし穴』(2013/日本語/カラー/36分)上映&トーク)

・会場:龍谷大学深草キャンパス22号館(西の端)101教室(入ってすぐ左)
共催:龍谷大学政策学部松浦ゼミ・京都メディアフォーラム(Phase II)

※映画『フツーの仕事がしたい』、『ブラック企業にご用心』を18時30分から上映いたします。上映後、監督の土屋トカチさんをゲストに迎えてのトーク&ディスカッションを行います。現代日本でのハタラキ方、現状を、みんなで共有し合いたいと思います。

ゲスト プロフィール
土屋トカチ 1971年京都生。映画監督。新聞配達・書店員・工場請負作業員・日雇い労働を経て、99年より映像制作を開始。同時期、現所属事務所の映像グループ ローポジションのメンバーと出会う。劇場デビュー作『フツーの仕事がしたい』(08年)は、英国・第17回レインダンス映画祭、UAE・第6回ドバイ国際映画祭において、グランプリを受賞。国内外の映画祭で評価された。労働者のネットワーク「レイバーネット日本」の事務局長も務める。
http://www.uplink.co.jp/event/2013/10121
http://www.youtube.com/watch?v=taReqoUe6z8

※今回の例会は入場無料です。また、事前申し込み等も不要です。是非お誘い合わせの上、ご参加ください。


共同世話人:
小黒純(同志社大学社会学部)、藤墳智史、松浦さと子(龍谷大学政策学部)【五十音順】

▽お問い合わせは、藤墳( mediaforum.kyoto(a)gmail.com 、(a)をアットマークに変えてお問い合わせください)までお願いたします。
posted by 京都メディアフォーラム at 07:48 | TrackBack(0) | 例会(Phase II) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。