2009年09月28日

第52回KMF 出版社のお仕事―編集者の実像に迫る

■第52回 京都メディアフォーラム■
◆テーマ『出版社のお仕事―編集者の実像に迫る』

京都。かつて、この街は東京と比べて勝るとも劣らぬ発信力を持った都であった。
しかし、政治・経済の中心が東京に移る中で、メディアも東京一極集中が進んでいった。
特に出版社の東京偏在は著しく、8割以上の会社が東京に集まっている。
そんな中、なぜか京都の出版社で働いている若者たちがいる。
世は不況。おまけに出版は世知辛い世間以上に不況である。
なぜ、彼ら彼女らは、あえて茨の道を選んだのか。
その仕事を通じてしか、得られない「何か」。
それを見つけて病みつきになる猛者もいれば、
夢破れて去っていく者もいる。
毎日が、生き残りをかけた闘いである。
日々の仕事の中で、若手編集人が感じているもの、
伝えたいもの。それが何であるのか、
少しでも感じ取ってもらえたら幸いである。

■ゲスト
小笠原綾さん
  東京出身。現在PHP研究所勤務。

伊藤さん
  現在人文書院勤務。

■コーディネーター
東寿浩
  2005年、ミネルヴァ書房に入社。

■日時:2009年10月5日(月) 19:00〜21:00 
(18:30〜受付開始)※18:50までに会場にお集り下さい。

■場所:京都三条ラジオカフェ
(〒604-8082 京都市中京区三条通御幸町角1928ビル1F)

■参加費:例会 一般1,000円 学生500円(1ドリンク付)
例会後、懇親会を企画しております。
会費は参加費とは別途必要となります。
奮ってご参加下さい。
参加費:一般2,000円 学生1,000円(飲食代)

※定員30名(先着順)
定員に達し次第締切らせて頂きますのでご了承下さい。
参加お申し込みは、以下の申し込みフォームに明記の上、
「京都メディアフォーラム」事務局までメールにてお願い致します。
メール確認後参加受付のメールを事務局より、
配信させて頂きます。
お問い合わせは、以下のアドレスにお願い致します。
--------------------------------------
■申し込みフォーム
※メール件名=参加申し込み(お名前○○○○○)
○お名前(ふりがな):
○ご所属:
○懇親会へのご参加:参加/不参加
○メールアドレス:
○メディアフォーラムを何を通してお知りになりましたか?:
(例:××さんの紹介、○○のメールマガジンなど)
--------------------------------------
■e-mail: mf.at.radiocafe.jp京都メディアフォーラム
BLOG http://kyoto-media-forum.seesaa.net/

■主催:京都メディアフォーラム
posted by 京都メディアフォーラム at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都メディアフォーラム(KMF) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129064520
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。