2010年08月28日

京都メディアフォーラム9月例会

■第61回 京都メディアフォーラム例会■
◆テーマ「160円の、その先に―『ビッグイシュー』編集者と販売者さんを招いて―」

街角で雑誌を高く掲げて売る人を見たことはないでしょうか。
雑誌の名前は『ビッグイシュー』。
月2回発行、定価は300円。
そのうち160円が街角で雑誌を売る
ホームレスの人たちの収入となります。

まだ「社会起業家」という単語が一般的ではなかった6年前。
『ビッグイシュー』は「ホームレスの仕事をつくり自立を応援する」
をコンセプトに創刊されました。

※詳しくは下記URLからもご覧になれます。
http://www.bigissue.jp/


「100%失敗する」と言われたビッグイシューが、
これまでどんな道をたどってここまで来たのか。

京都メディアフォーラム9月例会では、
『ビッグイシュー』編集担当・八鍬加容子さん(33歳)が、
これまでの様々な困難や雑誌への思いを赤裸々に語ります。

また、現在大阪・京橋駅にて『ビッグイシュー』を売られている
販売者・田中隆生さん(39歳)をお招きし、
販売者になった経緯や、ビッグイシューを売る上での苦労と喜び、
就労支援のためのパソコン教室や『ホームレスワールドカップ』についてお伺いします。

今、路上生活者には若年層が著しく増えていると言われています。
恋人が、友人が、ホームレスやネットカフェ難民になったら、
あなたはどうしますか?
「ビッグイシュー」の取り組みを通じて、
今必要な「支援」の形について考えられればと思います。


■ゲスト
八鍬加容子(『ビッグイシュー』編集担当)
田中隆生(『ビッグイシュー』販売者)

■ コーディネーター
大岩 央(PHP研究所『PHPスペシャル』編集部)

■日時:2010年9月6日(月)19:00〜21:00
(18:30〜受付開始)

■場所:京都三条ラジオカフェ
(〒604-8082 京都市中京区三条通御幸町角1928ビル1F)

■参加費:例会 一般1,000円 学生800円(1ドリンク付)

例会後、懇親会を企画しております。
会費は参加費とは別途必要となります。奮ってご参加下さい。
参加費:一般2,500円 学生1,500円(飲食代)

※定員30名 (先着順)
定員に達し次第締切らせて頂きますのでご了承下さい。参加お申し込みは、以下
の申し込みフォームに明記の上、「京都メディアフォーラム」事務局までメール
にてお願い致します。メール確認後参加受付のメールを事務局より配信させて頂
きます。
「京都メディアフォーラム」事務局: mediaforum.kyoto@gmail.com
--------------------------------------
■ 申し込みフォーム
※メールの件名を「参加申し込み(お名前○○○○)」として下さい。
○お名前(ふりがな):
○ご所属:
○ 懇親会へのご参加:参加/不参加
○メールアドレス:
○メディアフォーラムを何を通して知りましたか?:
(例:xxさんの紹介、 ○○のメールマガジンなど)
---------------------------------------
posted by 京都メディアフォーラム at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都メディアフォーラム(KMF) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160790175
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。