2011年01月18日

“北朝鮮”報道ミステリー  〜真実は何?〜 (第66回京都メディア・フォーラム例会のお知らせ)

一触即発の軍事危機。核兵器開発と秘密主義。通貨危機と深刻な食糧難。
隣国・北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)と日本、東アジアをめぐる報道は、
極端に危険であるように見えていつもいかがわしい。またいつもいかがわしく
見えて実は極端に危険である。それはなぜなのか?何が真実なのだろうか?

慢性的な食料危機にありながら、食料援助の監視団が妨害されるため、
人びとへ援助が届いていないともいわれる。暮らしはどうなっているのか?
2009年行なわれた、通貨の切り下げはなにをもたらしたのか、
北朝鮮がミステリーなのか、日本の報道がミステリーなのか?

アジアプレスの石丸次郎さんは、北朝鮮国内へ3回、国境地帯で75回の
取材を重ねてきた。いま、北朝鮮内部に、映像ジャーナリストを育てている。
北朝鮮をもっともよく知る石丸さんが、貴重な映像を交えて語ります。
それは北朝鮮のコトではなく、日本自身のコトかもしれません。


■ゲスト 石丸次郎(いしまるじろう)さん
アジアプレス所属。1962年大阪出身。在日韓国・朝鮮人問題、韓国の学生運動などに
取り組む。93年に朝中国境1400キロを踏破。北朝鮮の人たちとのインタビューは
700人を超える。2007年から『北朝鮮内部からの通信・リムジンガン』発行、編集人。

最近のテレビ報告に『北朝鮮に帰ったジュナ(2010 NHKハイビジョン特集)』がある。


■コーディネーター
津田正夫(立命館大学) ドキュメンタリー『ピョンヤンの再会〜日朝離散家族』など制作。

■日時:2011年2月14日(月) 19:00〜21:00
 ※18:50までに会場にお集り下さい。

■場所:京都三条ラジオカフェ
〒604-8082 京都市中京区三条通御幸町角1928ビル

■参加費:例会 一般1,000円 学生800円(1ドリンク付)
例会後、懇親会もあります。(飲食代、一般2,500円 学生1,500円)

※定員30名(先着順)
参加申し込みは、「京都メディアフォーラム」事務局までメールで願いします。
「京都メディアフォーラム」事務局:mediaforum.kyoto@gmail.com
--------------------------------------
■申し込みフォーム
※メールの件名を「参加申し込み(お名前○○○○)」として下さい。
○お名前(ふりがな):
○ご所属:
○懇親会へのご参加:参加/不参加
○メールアドレス:
○メディアフォーラムを何を通してお知りになりましたか?:
(例:xxさんの紹介、○○のメールマガジンなど)
posted by 京都メディアフォーラム at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都メディアフォーラム(KMF) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/181214395
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。