2011年05月17日

京都メディアフォーラム6月例会 「コモンカフェ あるいは場のプロデュース」

【京都メディアフォーラム 第70回 記念】
私もセミナーからエコツアーまでイベントを多く企画・開催してきましたが、
第70回の記念は、
カフェを開業したい人、アーティストなどには
「自己実現の機会」「表現空間のつくり方」から、
NPOや個人活動のコーディネーターなどをめざす人には
「プロデューサー論」まで、イチオシです!

ゲストの15年余りの活動を、試行錯誤や失敗談も交え、
90分ほどにギュッと煮詰めてお話しを伺いましょう。

社会の常識や枠組みを軽やかに乗り越えて、
新たな「場」を切り拓く人に迫ります。

■テーマ: コモンカフェ あるいは 場のプロデュース
        人と人が出会う場のつくりかた

■とき:  2011年6月13日(月)午後7時〜9時
      例会後はゲストとともに「交流会」を開催します。

■ところ: 京都三条ラジオカフェ



 (内容詳細などは、この最下段またはPDF Fileをご覧ください)

■ゲスト: 山納 洋 さん  common cafe プロデューサー
  コモンカフェ店舗 http://www.talkin-about.com/cafelog/
  山納洋さん日記 http://www.talkin-about.com/diary/shu1_diary/shu1_diary/
  インタビュー記事 http://www.mishimaga.com/interview/001.html
  紹介記事 http://miraimoriyama21.shiga-saku.net/e567342.html

■進行:  杉原 輝明

■参加費: 一般 1,000円、学生 800円(1ドリンク込み)
 交流会の参加費: 一般 2,500円、学生 1,500円(飲食代)

■定員:   30名(先着順) 定員に達し次第、締切らせていただきます。

■参加申込: 「京都 メディア フォーラム」事務局までEメールを送信してくださ
い。
        
申し込みフォーム
Eメールの件名: 参加申し込み(名前○○○○)
名前(ふりがな):
所属:
Eメールアドレス:
交流会への参加: 参加/不参加(いずれか)
アンケート:「メディアフォーラムを、何を通してお知りになりましたか?」
      → 例えば、△△さんの紹介で、○○のメールマガジンです…

--------------------------------------------------------------------------------------
神戸アートビレッジセンター、扇町ミュージアムスクエア、メビック扇町、
(財)大阪21世紀協会でプロデュース業務を歴任し、現在は、
大阪ガス(株)にて地域活性化、社会貢献の業務にあたっている山納洋さん。

個人の活動として、大阪キタ・中崎町に
日替わり店主カフェ『common cafe』をオープン(2004年)。
カフェ開業を目指す人たちに「自己実現の機会」を、
アート・演劇・音楽などの活動の場を求めている人たちに「表現の空間」を、
多様な立場の人が相手を信頼してつながっていく「サロン空間」を
提供し続けています。

彼が手がける様々なプロデュースの原点は「他人のジレンマ」。
「本当はこうしたいのに、今の状況ではそれは叶わない……」
そうしたジレンマの中に、新たなプロジェクトや場の可能性を見出し、
それを継続的な活動として成立させる方法を生み出し、実現していきます。

つねに新しいものを作り出すために必要な能力は、
気づく力、人のモチベーションを引き上げる力、物事を大枠でつかむ力、
背景を踏まえてコンセプトを立てる力、シクミをつくる力。
そして何よりも、「どうすればいいか分からない時に、
どうすればいいかを見つける力」だと山納洋さんは語ります。

大阪のアート・クリエイティブ・シーンを見つめつつ、
社会の常識や枠組みを軽やかに乗り越え、
新たな「場」を切り拓く人に迫ります。
posted by 京都メディアフォーラム at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都メディアフォーラム(KMF) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。