2007年05月09日

三条御幸町メディアフォーラム 第19回月例会

テーマ:イラク戦争開戦3周年・イタリア人ジャーナリスト襲撃事件1周年〜「米国テレビニュースの言質から見えてくるもの〜「Fox News」と「CBS Evening News」の比較を事例として〜」

●日時●
2006年3月6日(月)午後7時〜9時

●場所●
京都三条ラジオカフェ店舗(三条通御幸町角1928ビル1階)

●お話●
魚住真司さん(関西外国語大学助教授(情報メディア論))
 1965年尼崎市生まれ。米国シアトル市で育つ。
NHK報道カメラマンを経て、現職。
2004年〜2005年までワシントンDCに滞在。

イラク戦争長期化やブッシュ再選は、「Fox News」による米国市民のミスリーディングが一因とも言われる。事実、メリーランド大学の研究など各種調査でも「Fox News」の視聴者は、事実誤認が多く、イラク戦争を肯定する傾向があるとの結果が出ている。今回は、2005年3月にバグダッドで起きた米軍によるイタリア人ジャーナリスト搭乗車襲撃事件を題材に、その報道のされ方が、米国の伝統的な放送ジャーナリズムのあり方と、どのように違うのか分析することによって、「Fox News」の世論形成の手法を明らかにする契機としたい。
ラベル:開催記録
posted by 京都メディアフォーラム at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。