2007年05月10日

三条御幸町メディアフォーラム 第27回月例会

テーマ 「市民社会メディアとは何か?〜オーストリアと日本の事例から考える〜」

●日時●
2006年11月6日(月)19:00〜21:00

●場所●
京都三条ラジオカフェ店舗(三条通御幸町角1928ビル1階)

●お話●
ガービ・ハードさん(オーストリア共和国出身)

東京大学大学院・情報学環・学術振興会外国人特別研究員
 1996年米国スミス大学を卒業(比較文学)
 1997年来日
 2006年立命館大学大学院社会学研究科博士学位取得
 ※「市民がつくったメディア」なら即「市民社会メディア」なのでしょうか?オーストリアの具体的な事例〔註〕の他、日本での事例や国連のメディア政策などにも触れながら、皆さんと共に考えます。

〔註〕『フリーラジオ』( http://www.freie-radios.at/ )、アーティストとマイノリティー市民のメディア活動支援組織『パブリック・ネットベース』(http://www.t0.or.at/t0)、「偽物の市民社会メディア」と見なされる
   『ブンテス・フルンセヘン』(http://www.buntesfernsehen.at/
ラベル:開催記録
posted by 京都メディアフォーラム at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。