2007年06月01日

第31回 京都メディアフォーラム

◆テーマ 「NPO京都コミュニティ放送は、何を達成したのか」
        〜放送運営者が語る現在と未来〜

 
 これまでの例会では、多様なゲストをお招きしてメディアや文化の諸相をテーマにしてきましたが、今回は、視線を内側に転じて、「NPO京都コミュニティ放送」を取り上げます。
 今後も、様々な角度から「NPO京都コミュニティ放送」をテーマにした例会を開催したいと思いますが、まず最初として、放送運営者 自身がこれまでの経験を踏まえてどのように考えているのかについて報告してもらいます。
 有本理事長からは、三条商店街のまちづくりや京都におけるNPO放送の意味について、町田放送局長と時岡チーフエンジニアからは、番組制作を直接プロ デュースする現場から語っていただきます。
 ラジオ放送開始から五年目を迎えて、これまでの経験を踏まえた新し い展開について、参加者と共に探っていきたいと思います。


◆ゲスト
NPO京都コミュニティ放送・理事長 有本嘉兵衛(株式会社有本代表取締役社長)

    同       放送局長 町田寿二(KBS京都OB)

    同       チーフエンジニア 時岡浩二

司会:筒井 洋一さん(京都精華大学教員)

■日時:2007年6月4日(月) 19:00〜21:00 (18:30〜受付開始)
           ※18:55までに会場にお集り下さい。

■場所:京都三条ラジオカフェ(〒604-8082 京都市中京区三条通御幸町角1928ビル1F)

■参加費:月例会 一般1,000円 学生500円(1ドリンク付)
     懇親会 一般2,000円 学生1,000円(飲食代)


タグ:開催記録
posted by 京都メディアフォーラム at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43580238

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。