2007年12月23日

第38回京都メディアフォーラム

■□■第 38回 京都メディアフォーラム■□■

◆テーマ 「目で聴くテレビ」と手話文化の世界



 障害者向けのテレビ「目で聴くテレビ」は、阪神大震災での教訓から試行錯誤をつづけ
今年で10年、すべての番組に手話と字幕をつけています。
「目で聴くテレビ」は、 映像制作や音響まで、
日本語や健聴者の文法とはまったく違う文法や表現技法で、
豊かなパフォーマンスの世界を紡ぎ出しています。

 1月27日、嵯峨野で開かれる「聴覚障害者映像フェスティバルinさがの」を前に
メジャーのテレビではお目にかかることができない多彩な言語世界について、
「目で聴くテレビ」ディレクター・手話キャスターの柳喜代子さんに語っていただきながら、
簡単な手話を会得し、障害者向け映像と健聴者向け映像の違いなどもワークショップで学びます。
あなたのテレビ観が変わるかもしれません。どなたでも参加歓迎です。



 
◆ゲスト 柳 喜代子さん(「目で聴くテレビ」手話キャスター)


◆司会 津田 正夫さん(立命館大学教員)



■日時:2007年1月21日(月) 19:00~21:00 (18:30受付開始)
           ※18:55までに会場にお集り下さい。

■場所:京都三条ラジオカフェ(〒604-8082 京都市中京区三条通御幸町角1928ビル1F)

■参加費:例会 一般1,000円 学生500円(1ドリンク 付)
     例会後、懇親会を企画しております。
      参加費:一般2,000円 学生1,000円(飲食代)


※定員30名(先着順)  定員に達し次第締切らせて頂きますのでご了承下さい。
 参加お申し込みは、氏名/連絡先/所属/懇親会への参加の有無を必ず明記の上、
「京都メディアフォーラム」事務局までメールに てお願い致します。
メール確認後参加受付のメールを事務局太田より、配信させて頂きます。

■e-mail:mf@radiocafe.jp
タグ:開催予告
posted by 京都メディアフォーラム at 00:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
第39回京都メディアフォーラム
2008/3/10(月曜)
場所:ラジオカフェ(いつものところ)
◆テーマ 「まちづくり」
で開催のようです

Posted by ひろ(松浦弘智) at 2008年02月26日 17:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74154347

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。